確定申告を目前に初心者がソフト選びで陥る大きな4つの落とし穴

main

いよいよ確定申告の時期が迫ってきました。事業を立ち上げて今年が初の申告、もしくはエクセルや手書きを卒業して今年は会計ソフトに挑戦だ!なんてケースも多いかと思います。そんな意欲に燃える素敵な方々を少しでもお手伝い出来ればということで、この記事では焦ってハマると戦意を喪失しかねない4つの大きな落とし穴についてお伝えします。

最初の落とし穴
青色申告のつもりが
事前の届け出を忘れ
白色になってしまう

image01

恐らくこれが起業したての方々の間で最も多いあるあるでしょう。青色申告をしたい場合は、申告する年度の3月15日までor開業後2ヶ月以内に「青色申告承認申請書」という書類を提出しないといけません。もし現時点であなたにこの記憶がなければ、非常に残念ですが今回の青色申告はいったん見送りです。ただし会計ソフトまで諦める必要ありません。なぜなら青色/白色両対応という便利なソフトが世の中には存在するからです。今回は白色で十分に肩を慣らしてから、満を持して次回の青色申告で65万円特別控除に挑戦です。

2つ目の落とし穴
かんたんそうに見えて
実はクラウド会計は
中上級者向け

image02

このページにたどり着くまでに、すでにいくつかのソフトに目星をつけられたかもしれませんね。しかし会計ソフトは今回が初めてという方は要注意。「使いやすそう」と実際に「使える」は別のコトと頭の片隅に置いておきましょう。特に初心者にやさしそうに見えるクラウド型は近年一気に普及した会計サービス。確かに便利な点も多いのですが「出来なくはない」レベルの機能もまだ多く、会計業務の知識がしっかりしていないとトラブルに対処しきれない場合があります。もしどうしてもクラウド型にしたければ、まず顧問税理士を探してからの導入がおすすめです。

3つ目の落とし穴
申告の初年度は
相談相手がいないと
ただひたすらに心細い

image03

申告初年度だったり会計環境を一新した年は、思いもよらぬトラブルが起こります。事業内のトラブルなら自力でどうにか対応できても、会計上の問題となるとそうはいかない場合がほとんどです。税務における失敗は、問答無用で国に罰せられる恐ろしい事態。やはり相談できる専門家の助けが必要です。が、初めて会計ソフトを選ぶ方はどうしても機能や価格の話に目がいって、サポート内容に関するチェックを忘れがち。会社ごとに独自のカスタマイズが不可欠な会計サービスにおいて、どんな機能よりも重宝するのは「電話サポート」です。

最後の落とし穴
月額制サービスは
年額換算した上で
しっかりと吟味すべし

image04

定額制や無料のサービスが飛び交う昨今、会計ソフト業界もこのブームに乗り様々なサービスが登場しました。もはや月額制サービスは当たり前になりつつあり、導入ハードルも低く思わず飛びつきたくなりますが、ボタンを押す前にもう一度よく確認しましょう。毎年、申告月だけの契約で便利に使える都合のいいサービスはありませんので、おそらく最低1年間のお付き合いが基本になります。年額換算した場合の金額はご自信で想定された予算の範囲内ですか?会計サービスはそれぞれ長所が違います。しっかり年額で計算した上で、ご自身が一番納得のいくものを選んで下さい。

この記事のまとめ
初心者でも失敗しない
会計ソフト選びの
大事なポイントは?

image05

最後にご紹介した4点をもう一度おさらいです。

  • 青色申告のつもりが事前の届け出を忘れ白色になってしまう
  • かんたんそうに見えて実はクラウド会計は中上級者向け
  • 申告の初年度は相談相手がいないとただひたすらに心細い
  • 月額制サービスは年額換算した上でしっかりと吟味すべし

これらの穴にはできるだけ落ちない様に気をつけていただきたいのですが、正直なところ基本的な使い勝手に関しては、最初にどのソフト選んでもそれほどの大差はありません。使い込んでいくうちに細かい部分に色々と差が出てくるのが会計ソフトの特徴です。

よって申告初年度の会計ソフト選びにおいて一番大切なのは、まずしっかりと確定申告までたどり着ける事。よほど特殊なケースでない限りは「サポート体制」が充実していて自社のスタイルにあう製品を最優先で選びましょう。その上で価格や機能で精査してからベストなものに絞ります。

事業を軌道に乗せようとあれこれ頑張れば頑張るほど、会計における予期せぬ問題が起こる確率も上がります。恥ずかしがらずに何度でもサポートを利用して、最も効率的に確定申告を乗り越えられる環境づくりに取り組みましょう。そうして会計業務上の課題が具体的に把握できるようになってから、今度は機能重視で新しい環境を選び直しても遅くはありません。

良質な会計環境の構築は、強いビジネスを生み出すための基礎工事と心得ましょう。

購入相談専用 ナビダイヤル受付時間:平日9:00 〜 17:30
0570-08-8341
ご購入前の製品に関するご相談に無料でお答えします。お気軽にご活用ください。
トップへ戻る