2017年01月01日
年頭のご挨拶
謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

旧年中は弊社ならびに弊社製品に格別のご高配を賜り誠にありがとうございました。
このように新しい年を迎えられましたのも、ひとえにお客様をはじめ多くの皆様のご支援の賜物であると、社員一同心より感謝申し上げます。

昨年は、6月に決定したイギリスのEU離脱、11月の米大統領選でのトランプ氏勝利など日本経済が他国に大きく影響を受けた1年でした。年初から円高が進んだかと思えば、年末には急激に円安となり、その不安定な経済状況から雇用・所得情勢が改善されているにも関わらず個人消費の低迷が長期化し、景気回復には程遠く中小企業の多くは厳しい状況が続いていると推察致します。

ソリマチでは会計の定義を「数字情報を有用情報に変えてお客様を幸せにすること」としております。これは「反町税務会計事務所」としてスタートして創業62年貫いてきた理念で、そのビジョンのもと中小企業の皆様をご支援してまいりました。経済状況が不安定な今こそ、全ての人に会計を提供し、全ての人に会計の恩恵を受けていただけるよう、全力で取り組んでまいります。昨年6月には、顧問先の自計化や記帳代行の顧問先データ等をクラウド上で一元管理する会計事務所向けの新たなサービス「会計事務所クラウド」をリリースし、7月にはクラウドを通じて場所を問わず、直感的に経理業務がタブレットで行え、気軽に会計を始められる新感覚の完全無料アプリ「タブレット会計」をリリースしました。また、昨年11月に発売したパッケージソフトの最新バージョン「会計王18シリーズ」では、マイナンバー制度を中心とした制度改正に徹底対応したほか、金融機関等の取引を一元管理・自動取込できる新たなアプリケーション「MoneyLink」を搭載しました。

お客様に幸せになっていただくために、どんなお手伝いができるのか。まずはお客様の声に真摯に耳を傾け、期待を上回るサービスをご提供しグループのブランドスローガン「会計でみんなを幸せにする」を実践できるよう努めてまいります。

本年は「酉(とり)」年です。「酉」は酒の原料の麹が醗酵した状態を表していて「実る」の意味があると言われております。大切な皆様が福をとり込み、実り多き飛躍の1年となるよう、心からお祈り申し上げ年頭のご挨拶とさせていただきます。
ソリマチ株式会社
代表取締役社長
反町 秀樹

Topへ戻る