2014年05月07日
平成26年度 一般拠出金料率が改定されます!
平素は弊社「給料王15」をご愛用賜り誠にありがとうございます。
このたび厚生労働省の告示により、平成26年度の労働保険の年度更新より、一般拠出金料率が引き下げられます
なお、雇用保険料率・労災保険料率については、平成24年度から変更がないことを併せてお知らせいたします。
労働保険の年度更新に関わる大切な内容ですので、以下の事項を必ずご参照のうえ、ご対応いただきますようご案内申し上げます。
※給料王バリューサポートご加入のお客様には、対応方法をFAXにてお手元にお送りいたします。
弊社では今後もお客様に、より充実したサービスをご提供できるよう努めてまいります。今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申しあげます。
一般拠出金料率改定について
平成26年度の労働保険の年度更新より、一般拠出金料率が下記の通り引き下げられます。
※改定内容等の詳細については下記の厚生労働省ホームページ、または所轄のハローワークにてご確認ください。
→厚生労働省ホームページ 労働保険年度更新に係るお知らせ
  改定前
(平成26年3月31日まで)
改定後
(平成26年4月1日施行)
一般拠出金料率 0.050/1000 0.020/1000

給料王15での設定方法
給料王15では、一般拠出金料率の変更は、手入力にて設定していただきます。
※自動設定ではありませんのでご注意ください。
1. 労働保険の集計前にメニュー[設定]−[給与規定]を開き、「労働保険」タブを選択します。
2. 「一般拠出金料率」欄にて一般拠出金料率を変更します。
なお、労災保険率を変更しても給与/賞与の計算には影響しません。
3. 新料率の入力が終わりましたら、画面右下の[設定]ボタンをクリックします。
●労働保険料合計表の出力について
給料王15では、確定保険料の計算と概算保険料の計算で使用する保険料率を、集計期間から自動的に取得できるようになっております。
以下の手順にて、労働保険料合計表を集計してください。
1. メニューより「社会保険王」-「労働保険料合計表」を開きます。
2. 確定年度分の算定期間を指定します。
こちらは、給与処理月で集計期間を設定します。
※以下の図では、平成25年4月給与から平成26年3月給与を集計期間としておりますが、集計期間が異なる場合は、該当期間を選択します。
3. 【確定保険料】【概算保険料】【一般拠出金】それぞれの料率が表示されます。
※ご注意ください
最新給与月が平成26年4月以降の状態で、一般拠出金料率を変更された場合、手入力にて料率を「0.020」に変更してください。
また料率については、必要に応じて変更できます。
なお、詳細については、管轄の労働局・労働基準監督署にご確認ください。
4. [開始]ボタンをクリックします。
5. 「労働保険料合計表」画面の金額をご確認いただき、[印刷]ボタンをクリックして出力します。
下記の例は、一般事業所で平成25年4月給与から平成26年3月給与を算定期間とした場合です。
本件に関するお問い合わせは
ソリマチ サポートセンター
TEL: 03-5739-3211
FAX: 03-5791-4350
以上

Topへ戻る