社会保険の適用拡大に関するご案内

平成28年10月1日からの社会保険の適用拡大に関するご案内

短時間労働者の加入対象範囲が拡大

これまで、常時雇用者のうち所定労働時間・所定労働日数がおおむね4分の3未満の短時間労働者は、健康保険・厚生年金保険の適用除外となっていましたが、今回の改正により次のすべての要件を満たした場合は、新たに社会保険の加入対象となります。


対象企業 従業員数が501人以上
対象者 週の所定労働時間が20時間以上
雇用期間が1年以上見込まれる
賃金の月額が88,000円以上(年収106万円以上)
学生ではない


改正のポイント

新たな等級が追加されています

平成28年10月1日より、厚生年金における標準報酬月額の等級表に新たな等級「第1等級:88,000円」が追加されています。

これにより現在の厚生年金等級が1等級以上の社員は、本改正で等級が1等級繰り上がる事になります(標準報酬月額は変更ありません)。

通勤手当の非課税対象が15万円に拡大

※旧1等級の方が1等級になるか2等級になるかは管轄の年金事務所へご確認ください。
※健康保険における等級、標準報酬月額は変更ありません。


給料王の対応について

通勤手当の非課税対象が15万円に拡大

給料王17をお使いのお客様へ、厚生年金の新等級に対応するプログラムを提供しております。

インストールすると、次月更新時に登録社員の厚生年金等級が自動で更新されます。

なお、旧1等級(標準報酬月額:98,000円)の社員登録がある場合、@次月更新時A社員情報設定起動時B給与計算開始時のいずれかで上記の画面が表示され、こちらから厚生年金・厚生年金基金の標準報酬等級が一括で変更できます。

また、この改正に伴い変更となる社会保険資格取得届が最新レイアウトで印刷できます。

→対応方法の詳細「製品Q&A:平成28年10月1日からの社会保険適用拡大について」

※現在の厚生年金等級が1等級の社員がいない場合は、次月更新時に登録社員の等級更新のみ行います。
※改正により新たに厚生年金の被保険者となった社員は自動では設定されません。
※個別の設定は「設定」→「社員情報設定」から変更できます。
※対応方法の詳細は、給料王の上記画面内にある「詳しくはコチラ」からもご覧になれます。


この改正に
関連する製品
給料王

購入相談専用ナビダイヤル

専用帳票に関するお問合せ

  • バリューサポートのご案内

Topへ戻る